低金利の時代だからこそマンションの経営

かつては預貯金によって資産形成ができる時代もありました。

景気が良くて資金需要が高かった時代には、預貯金の金利も高く、銀行に預けているだけで利子としてたくさんの収入を得られた時代もあります。しかし、日本経済が成長から安定へとなってきてからは、金利はかなり低い状態が続いているといえるでしょう。そのため、預貯金では資産を十分に形成できない時代が続いてきたのです。マンションの経営が人気を集めるようになった理由の一つが、この低金利だと考えられます。

他にも株式や債券なども金融商品として取引ができますし、もっと高いリターンを求めてFXやCFD、先物取引などをする人もいますが、それらは証券という実態のない資産ですから、抵抗のある人も多くいるようです。実物資産として不動産を所有したいというニーズもあり、マンションの経営が注目されるようになったといえるでしょう。

実物資産としての不動産には様々なものがありますが、その中でマンションの経営が注目されている理由は、始めやすいことが最も大きな影響だと考えられます。例えば、区分所有なら物件価格はそれほど大きくはありませんから、資金的なハードルは下がると考えられます。また、立地の良い所ならローンを組みやすいという特徴もあり、この点もハードルを下げる要因となっています。普通にサラリーマンをしながらでも資産形成ができるということもあって、低金利の時代にはマンションの経営が注目されていると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *