マンションの経営に適した中古物件

マンションの経営をするためには中古物件の方が良い面がいくつかあります。

何よりも、物件価格が割安であるというのは良い面の一つだといえるでしょう。新築ではなくて中古を取得することによって、かなり安く取得できます。そのために、マンションの経営における利回りを高めることができるというメリットがあるのです。では、なぜ中古は安いのでしょうか。実は、中古が安いというよりは、新築が高いと考えるべきでしょう。

市場で取引されれば、収益性から見て妥当な金額で取引がなされるのが普通ですが、新築の場合には販売する業者が価格を一方的に決めているために、市場での取引とは少し異なった価格で取引される傾向があるからです。新築を販売するときには、販売のために広告を大々的に行います。チラシを配布することは多いでしょうし、物件案内を作成することも多いでしょう。大抵の場合にはモデルルームが設置されます。

これらにはいろいろな費用がかかりますが、その費用はもちろん物件価格に上乗せされます。その分だけ割高になるのです。自分たちが生活する場所は新築が良いという人が多いために、少し割高で販売しても売れるのですが、マンションの経営にはあまり適していないと言わざるをえないでしょう。中古と言ってもあまりにも老朽化が進んでいると修繕費用がかかって利益が抑えられてしまう可能性はありますから、程度は考えなければなりませんが、利回りを高めるためには新築よりも中古のほうが適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *