マンションの経営は規模を拡大しやすい

マンションの経営を行うメリットの一つが、規模の拡大をしやすいことが挙げられます。

その理由はローンを組みやすいからです。買おうと思っている物件に対して抵当権を設定すると、ローンを組みやすくなります。ローンを組むにしても自己資金はある程度必要になるのですが、キャッシュが豊富にあれば、銀行は貸してくれやすいです。最近ではフルローンを組むことのできるケースも多く、それを利用していくと規模を拡大しやすいと考えられます。

例えば、まず区分所有でマンションの経営をはじめ、そしてその時にローンを組んでキャッシュを残しておくと、別の物件を取得するときにはローンを組みやすくなります。キャッシュが豊富にあれば、銀行としても融資をしやすいですから、フルローンを組める場合が多いです。フルローンを組むことができれば初期費用は小さくなりますから、少し稼げばまたローンを活用して新たに物件を取得していくことができるでしょう。このようにして保有する物件数を増やしていくことで、規模を一気に拡大できるというメリットがあります。

数十年の間に一攫千金のような稼ぎ方をした人がいるのは、このようにローンを活用しやすいからだといえるでしょう。リスクをあまり大きくせずに短期間で稼ぐ方法は色いろあるのですが、マンションの経営はその一つの方法として優れていると考えられます。ローンを上手く活用していくことが必要ですから、銀行との付き合いは大切にするべきでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です