マンションの経営でのリスク許容度

マンションの経営をするときにはリスク許容度に応じた物件選びをする必要があります。

自己資金が少ししかないのに、大きなローンを組んで物件を取得すると、リスクは高まってしまうでしょう。リスクというものは目に見えませんから判断が難しいのですが、考えやすくするためには、失敗しても大丈夫なのかどうかで判断するのは良い方法です。失敗したいという人はおそらくいないでしょうから想定したくはないかもしれませんが、失敗した時に破産するという状況は避けなければなりません。このことを念頭に置いて考えていくのは良い方法だと考えられます。例えば、本業をしながら副業としてマンションを経営するのは良い方法です。

マンションの経営によって期待すべき収益が得られなくて、損益はプラスマイナスゼロの状態であっても、本業があればそちらで生活をしていくことはできるでしょう。専業であれば、収益が得られなかった時に生活が立ちゆかなくなってしまう可能性があります。それでも貯蓄があれば問題はありませんから、貯蓄のある無しでリスクに対する考え方も変わってきます。マンションの経営には常にリスクが付きまといますが、もしもそのリスクが顕在化しても、それが致命的にならないのであれば、低リスクだと考えることも出来ます。失敗した時に路頭に迷わなければならないといった方法は適していなくて、失敗しても立ち直れるくらいのリスクなら許容範囲だといえるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です