ローンでマンションを経営するメリット

ローンを組んでマンションの経営を始める人は多くいます。

というよりも、ローンを活用するほうがメジャーだと行っても言い過ぎではないでしょう。資金が豊富にある人なら、その資金の範囲で取得できる物件でマンションを経営していこうと考えるかもしれません。ローンを組まないという選択肢もあり、リスクを抑えるための方法としては優れたものだといえるでしょう。しかし、それでは投資としてみた場合の利回りはあまり高くはなりません。高い利回りを実現しようと考えているのなら、ローンを活用したほうが良いのです。この点については具体的な例を挙げると分かりやすいです。

例えば、資金が4千万円あったとしましょう。4千万円あれば、区分所有することは可能でしょう。4千万円で買うことのできる物件ならたくさん見つけることができるはずです。しかし、4千万円あってローンを組めば、1億円くらいの物件なら買うことができます。4千万円で買うことのできる物件と、1億円で買えることの物件とを比較した場合、どちらが利益を得やすいでしょうか。ローンを組めば利息を支払っていくことも必要となりますが、それを考慮したとしても1億円の物件のほうが利益を得やすいです。ローンを組むことによってリスクは高くなりますから、ローンに頼り過ぎるべきではありませんが、高い収益をみこもうと考えているのなら、ローンを組んでマンションを経営したほうが良いと考えられるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です