マンションを経営するためのいろいろな費用

マンションを経営するためには、まず物件を取得しなければなりません。

物件を取得して入居者さえ見つかればそれで良いのですが、取得するときにはいろいろな費用がかかることも頭に入れて置かなければならないでしょう。もちろんですが、物件代金は支払わなければなりませんが、物件代金だけではダメだという点に注意が必要です。というのも、取得するために様々な費用がかかるからです。例えば、税金があります。マンションの経営にあたって物件を取得するためには、まず不動産取得税がかかります。

そして、消費税もかかります。土地は売買することによって付加価値が加わるという性質のものではありませんし、消費という性質のものでもありませんから消費税がかからないのですが、建物には消費税がかかるという点に注意しなければなりません。それ以外には、印紙税もかかります。売買契約書やローンの契約書には印紙税がかかりますからこれらを支払うことも必要となります。

中古のマンションを経営しようと考えているのなら、物件を取得するときに仲介業者を通して買うことになるでしょうから、仲介手数料の支払いも必要となりますし、保険に加入するケースが多いですから保険料を支払うことも必要となるでしょう。このようにいろいろな費用がかかりますから、物件価格に対して5%から10%くらいの資金的な余裕は見ておいたほうが良いです。ぎりぎりの資金を投じるのではなくて、余裕のある資金計画を立てておくことも必要なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *